日本医療評価機構 認定第 JC1979号
公チャンネル

『二十五万六千六百八キロメータ』
 一日往復三十六q、月二十二日出勤、一年十二ヶ月、
二十七年勤務。私が、あきた病院から自宅を走行した
距離である。
 この間に、娘が産まれた。
 病院の経営が厳しくなった。
 医療制度が変った。
 病院を建て替えた。
 お金が足りなかった。
 人が集まらなかった。
 ないないづくしの中で、あの手この手を考えて、試
してみた。
 融資を受けるため、全国の金融機関を歩いた。
 娘の手術に立ち会うこともできなかった。
 父の死にめに立ち会えなかった。
 融資のため金策に走りまわっていた。
 あれから二十七年。
 ふり返れば、苦労したことが、すべて身についてい
る。苦しさは、今を楽しく生きるための試金石だ。
 なげかないで、ひたすら前を向いて歩いてゆけば、
歩いたぶん真理の世界に近づく。