日本医療評価機構 認定第 JC1979号
公チャンネル

『回復期リハ病棟開設に向けて』
 患者さんの生活の質を向上させるために、
ADLの改善をめざして、医師・看護師・セ
ラピスト等の多くの職種のスタッフがかかわ
り、在宅での自立した生活をゴールにしてい
くものである。
 五月一日、当院は一病棟に回復期リハ病棟
を開設することにした。
 主治医の交替、記録書式の変更等々、従来
とは異なることが多くなってくる。
 変化にともなう精神的な苦痛や反発もある
だろう。そのあたりを、ていねいに説明し納
得いただきながら進めていかねばならない。
 小さな自我=エゴを見つめながら、患者に
とって、何がよきことかを考え、行動しなけ
ればならない。
 患者にとって、日常生活が改善されたのか、
生きることに幸せを見つけられたのか。yesと
いっていただけるために、我々プロは、小我
を捨て、相手のためになる行動をしよう。