日本医療評価機構 認定第 JC1979号

KOMI理論研修会



5月11日(土)、講師に元大分県立病院看護師長の野桐春美先生を
お迎えし、KOMI理論の院内研修会を開催しました。

今回のテーマは”確かなケアを届けるために〜ケアの原点を学ぶ〜”ということで、ナイチンゲール思想より、患者様主体の看護・介護とはどういうことかを、事例を交えて話して頂きました。

特に、KOMI理論のキーワード「患者さまの持てる力を最大限に引き出す」ために、日々、相手が何を感じ、考え、それをこちらがしっかり観察し、どう深く関っていくことができるか、そのヒントと大切さを学ぶ事が出来ました。

看護部以外の部署からの参加もあり、看護・介護の原点を再確認できる貴重な時間となりました。
講師をして頂いた野桐先生に心より御礼申し上げます。



<野桐春美氏プロフィール>

元大分県立病院看護師長。
大分県立厚生学院(現大分看護科学大学)看護学科卒業後、大分県立病院に勤務。
現役時代にナイチンゲール看護論に出会い、病院の中で啓蒙活動に努め、 退職後はナイチンゲールKOMIケア学会に所属。
研修会の講師や看護学校に出向いての講義、大分県立病院の新人研修講師を務めるなど “看護とは何か”を熱く後輩達に伝えている。


戻る