日本医療評価機構 認定第 JC1979号

防火訓練

7月24日(木)、防火訓練を行いました。
今回は消火器、消火栓の取り扱いを学ぶため、実際に放水を行いました。
散水栓のホースには大きな圧力がかかるので、2人で行います。
看護師、介護士、理学療法士等、普段は患者様に優しいケアをしている医療技術者達も、非常事態では勇敢な行動を取らなければなりません。
実践に近い訓練を繰り返しながら、防火管理に努めて参ります。

自衛消防副隊長より散水栓、消火器取り扱いの説明

散水栓の放水訓練(看護師)

散水栓の放水訓練(リハビリ科スタッフ)

消火器の放水訓練(介護士)


イベントTOPへ戻る